身近なアート

スポンサーリンク
身近なアート

「にゃんクリエイターズ in 仙台」をのぞいてみました!可愛い猫雑貨と仙台名物!

アメブロで、伊達政宗様が展示の紹介をしている! 行ってみよう! 宮城県には、地元の魅力を発信している「伊達武将隊」がいます。 その中心人物である伊達政宗様が、「にゃんクリエイターズ in 仙台」をご紹介していました。...
2020.10.07
身近なアート

笹かま館の「藤城清治のメルヘンサロン」で影絵の大壁画を観てきました!ランチもご紹介

仙台で藤城清治の作品を観れる場所がある…!? と、偶然GoogleMapで気づき、早速行ってきました。 芸術も笹かまも堪能できる、とても楽しい穴場スポットでしたよ♪ 今回は、そんな笹かま館の「藤城清治のメルヘンサロン...
2020.10.07
身近なアート

日本画に欠かせない胡粉!具体的な使い方、種類などを、元日本画専攻の主婦が解説

千数百年前に、中国や朝鮮を渡って伝えられた日本画。 長い伝統を引き継ぐ絵画様式は、天然の素材によって描かれています。 その美しく繊細な顔料のひとつ、胡粉。 下地から仕上げ、マチエールまで幅広く多用する、重要な絵の具です!...
2020.10.07
身近なアート

アートで使われる「胡粉(ごふん)」とは?材料や特徴、製造工程などをご紹介します!

日本画の顔料の一つ、胡粉(ごふん)! 多くの人が「日本画」と聞いて想像するのは、ふわ~っとした中間色の世界ではないでしょうか? その何とも言えない淡い色の混色などに使われるのが、胡粉。 貝殻を粉末状にした顔料です。 ...
2020.10.07
身近なアート

【胡粉ネイル】日本画の顔料を使用!人にも地球にも優しいネイル!子どもにもおすすめ

「胡粉(ごふん)ネイル」とは、爪に色どりをそえるアートなマニキュアです♪胡粉とは、ホタテの貝殻を粉末状にした絵の具。とても美しい真っ白な粉なんですよ。胡粉を毎日使う美大生だったころ、胡粉ネイルが発売されました。日本画コースの女子生徒たちに衝撃が走ったのを覚えています!当時、ワクワクしながら買いました♪さっそく、最新の情報を調べてみました!
2021.01.29
身近なアート

【近代日本画の美人画入門】有名画家3名をご紹介!上村松園・鏑木清方・伊藤深水

Twittewで「Fashion-Press」を見ていたら、「"日本画"のような唐草帯」という文字が。 「蔦(つた)模様」の帯の特集♪ 日本画を学んだ後に、友禅の着物絵師として活躍した京都の職人によって描かれたそうです。 ...
2021.01.29
身近なアート

日本画の概要と基本的な画法、注意点などを、元美大生の私が制作者と主婦目線で解説!

時々耳にする「日本画」! 「日本画」という言葉を知っていても、一体どんな絵なのか想像できる人は少ないかもしれません。 私は日本画を専攻していたので、よく 「日本画って水墨画なの?」 と聞かれたりもしました。 ...
2020.10.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました