子馬のカシャカシャおもちゃの手作り方法を解説します!乳児が泣き止む簡単ベビートイ

子馬のカシャカシャおもちゃ赤ちゃんのためのハンドメイド

この記事では、「カシャカシャと音が鳴るおもちゃ」の作り方をご紹介しています。

赤ちゃんを泣き止ませるためによく使われるのがレジ袋!

カシャカシャという音がママの体内の音に近いから安心するそうです。

作り方を写真付きで詳しく説明しています。

うさこ
うさこ

手縫いで初心者でも簡単にできちゃいます♪

今回は私が考えてみたデザインの型紙なので、いろいろ不備があるかもしれませんが、よろしければぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

「カシャカシャ」は安心する音

カシャカシャおもちゃは、「カシャカシャはんかち」とも呼ばれます。

ハンカチのような布に、紐やリボン、タグなどをつけたおもちゃです。

中のレジ袋の音を楽しんだり、タグを吸ったりして楽しめます。

乳児にとっては大きなおもちゃなので、あまり小さいときからは与えないようにしてくださいね。

対象年齢

4ヵ月ごろから

遊ぶポイント

・手を動かしてもんだりにぎったりして、手先を器用に

・聴覚を使う

・タグを引っ張ったり噛んでみたり、好奇心を満たせる

・カシャカシャで安心音

ことりさん
ことりさん

カシャカシャ音は、波の音やママの胎内音に近いから、安心するんだね~

うさこ
うさこ

約10ヵ月間もいたおなかの中の音だもんね。

にぎったまま寝ちゃったりするみたいで、かわいいね。

スポンサーリンク

カシャカシャおもちゃの作り方 用意するもの

カシャカシャおもちゃ

材料

生地(表用)ダブルガーゼ、タオル、フェルトなど  20cm×14cm 1枚

生地(裏用)〃   

・フェルト(茶色) 少量

レジ袋 〃

タグ、ひも、リボン 適量

丸ゴム 15cm 1本 

・レース (お好みで) 適量

布を折って縫って、タグを作る方法もあります。

また、100円ショップのシュシュにくっつけると、赤ちゃんの腕に通すことができます。

低月齢の子でも落とさずに遊ぶことができるので、こちらもおすすめです。

丸ゴムを輪にしてつけると、ベビーカーに取り付けられる仕様になって便利ですよ。

(今回はなかったので、リボンで代用しました。)

道具

型紙(詳しくは当記事内で)

裁縫道具

ミシンの方が早いですが、手縫いでも作れます。

型紙がなくても、四角や丸に切っただけでも、充分遊べるおもちゃになりますよ。

スポンサーリンク

カシャカシャおもちゃの作り方

①型紙を子馬の形に切り抜きます

②おもて面とうら面の生地を用意

それぞれ裏返したら、型紙をのせて、チャコペンで印をつけます

ぬいしろ1cmで、生地を裁ちます

カシャカシャおもちゃ

③子馬の目をつくります

フェルトを丸く切って、しっかりと縫います

乳児がなめて取ってしまわないように、ボンドではなく縫ってとめます

カシャカシャおもちゃ

④タグ、リボンなどをお好みで用意します

ベビーカーに取り付けるための丸ゴムは、輪にしておきます

子馬のしっぽになる部分は、先を結んでおきましょう

もしもほつれる時は、2回ほど折り曲げて縫って、処理をしておきます

⑤お好みで、子馬の背中に鞍(くら)を縫い付けます

フェルトを四角く縫い付けるだけでも可愛いです

カシャカシャおもちゃ

⑤タグやリボンの位置がきまったら、内側にむかって、マチ針でとめます

外側から0.5cmくらいのところを、仮縫いしてとめます

リボンなどが飛び出していたら、カットします

⑥もう1枚の生地のおもて面を裏にして、もう1枚の生地を重ねます

マチ針でとめます

返し口を10cmくらいのこして、出来上がり線にそって、縫います

後から、別の素材の布にしたらおもしろいかな?と思って、生地を変えました

⑦布をおもてに返します

中からペンなどで押したり、目打ちなどで外側から引っ張ったりして、端まで出します

カシャカシャおもちゃ

⑧レジ袋をカットして、詰めます

そのまま入れても良いのですが、洗濯したときに乾きやすいと思いました

レジ袋によって音が違うので、ぜひお好みのものをお選びください

レジ袋

⑨返し口を縫います

「コの字縫い」で縫うと、キレイに処理できます

カシャカシャおもちゃ

⑩完成です!

カシャカシャおもちゃ

⑪くしゃくしゅすると音が鳴ります

大人でもなんだか眠くなってくる音です…

スポンサーリンク

【ダウンロード】子馬のカシャカシャおもちゃの型紙

子馬のカシャカシャおもちゃの型紙(A4・PDFデータ)←クリックして印刷できます。

手書き用に画像を添付しました。

スポンサーリンク

お洗濯できるカシャカシャおもちゃ

カシャカシャおもちゃは丸洗いできるので、安心して使用することができます。

手洗いでも良いですし、ネットに入れて洗濯機で洗ってもOKですよ。

なかにレジ袋が入っているので、しっかり乾かすことをおススメいたします。

ことりさん
ことりさん

何回も洗っても、音がちゃんと鳴るという意見が多いよ♪

スポンサーリンク

まとめ

以上、「子馬のカシャカシャおもちゃの作り方」をお届けしました。

身近な材料で簡単に作れるので、初めてのベビーグッズ作りには最適です。

材料集めもすぐにできます。

子どもが小さいうちは、タグを吸ったりなめたりして遊び始めて、だんだんとタグをいじってふりまわしたりするようになりますよ。

ことりさん
ことりさん

だんだんじょうずにニギニギできるようになっていくね~♪

そんな様子を写真に残しておいたら、成長の記念になります♪

ぜひお試しくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました