ベビーボンネットの作り方!赤ちゃんをもっとかわいらしく変身!寒い季節におススメ

ベビーボンネットの作り方赤ちゃんのためのハンドメイド

「ボンネット」とは、ヨーロッパの言葉で「帽子」を意味します。

その名の通り、ヨーロピアンでとっても可愛いですよね♪

今回ご紹介するボンネットは、新生児から使えるように、ちいさめのサイズです!

出来上がりのサイズは、だいたい顔まわり35cm、首まわり32cm。

写真付きで解説したので、ぜひ作ってみてくださいね♪

スポンサーリンク

ボンネットとは?

婦人帽の基本的な型の一つ。頭頂から後頭部をほとんどおおっているが,前額部から顔にかけてはほぼ全面的に露呈する。概して顔を縁どる部分に幅広いブリムを伴う場合が多く,後頭部にはブリムはまったくないか,わずかにあるのが普通。

フランスでは 16世紀まであらゆる布製の帽子をボンネ bonnetと呼んだ。

「ボンネット」コトバンクより引用
スポンサーリンク

ベビーの時期にしかできない特別なおしゃれ

ベビーボンネットの作り方

ボンネットは、日常生活でつかえるものから、お宮参りや結婚式などでつかうフォーマルなものまで、いろいろな種類があります。

布の素材を変えれば、色々な場面で使えるボンネットを手軽につくることができますよ♪

ガーゼでつくれば汗をよく吸うので、安心です。

ぜひ記念に作ってみてくださいね♩

スポンサーリンク

ベビーボンネットの作り方 用意するもの

ベビーボンネット

材料

●ダブルガーゼ 大きい方のパーツ(表地1枚、裏地1枚) 縦17×横35cm 2枚

●ダブルガーゼ 後頭部のパーツ(表地1枚、裏地1枚) 縦16×横14cm 2枚

●レース 1本 約52cm

●ひも、またはリボン 2本 各約32cm 

●型紙(下記に添付)

道具

●裁縫道具

●アイロン

スポンサーリンク

ボンネットの型紙 ダウンロード

ボンネットの型紙(A4・無料・PDFデータ)←クリックして印刷

紙に数字の通りに線を引いていただければ、手書きでも簡単に書けます♪

スポンサーリンク

ダブルガーゼを水通しする

うさこ
うさこ

ガーゼは水で縮む性質があります!

お洗濯したときに縮まないように、水通しをするのがおススメです

こちらの記事に手順を記載しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

スポンサーリンク

ベビーボンネットの作り方

①あらかじめ、ひも(またはリボン)の片方の端を2回内側に折って、縫っておきます

ほつれないようにします

ベビーボンネット

②レースにギャザーを寄せます

一番弱いミシンをかけるか、手縫いでゆるく縫います

縫ったら、糸をやさしく引っ張りつつ、ギャザーをよせます

ベビーボンネット

③布に型紙をのせて、ぬいしろ1cmを残し、印をつけてカットします

後頭部のパーツも同様です

ベビーボンネット

④レースを布の表にのせます

まずは真ん中があうように固定

⑤レースの両端を、ななめ上に向けながら、布の2~3cm内側にのせます

(はしをほつれないようにするため)

糸を引っ張って、ちょうどいいところで玉結びします

マチ針で固定

型紙の線よりも内側の方にそって縫います

(後から裏地と合わせて縫うため)

⑥裏返して、はみ出ているレースをカットします

ベビーボンネット

⑦後頭部の表地と縫い合わせます

まずは長い部分のまん中と、先端部分のまん中を固定します

ベビーボンネット

⑧両端も固定して、縫います

ベビーボンネット

⑨はみ出た部分があればカットします

ここまで、裏地もおなじように縫います

ベビーボンネット

⑩縫い目をアイロンでわります

2つのパーツ、どちらも同様に行います

ベビーボンネット
ベビーボンネット

⑪表地と裏地のパーツを縫い合わせます

表地をおもて向きに置き、裏地を中おもてにして重ねます

マチ針で固定したら、曲線の部分を縫います

ベビーボンネット

⑫両端にひもをはさんで縫います

はしを処理しているほうを、ボンネットの内側にいれます

はしを処理していない方を、ボンネットの外側にすこし出るようにはさんで、固定します

もう片方も、同じように行います

ベビーボンネット

⑬縫い目と縫い目が合うように固定すると、きれいに合います

(写真の星の部分)

まん中に5cnくらいの返し口を残して、縫います

ベビーボンネット

⑭返し口から裏返します

ベビーボンネット

軽くアイロンをかけておさえます

裏地がすこし内側になるように縫うと、きれいにできます

ベビーボンネット

⑮返し口を、手縫いのコの字ぬいで閉じます

ベビーボンネット

⑯顔まわりと、首周りに、押さえのミシンをかけます

手縫いの場合は、なみ縫いで押さえ縫いをします

ベビーボンネット

⑰完成です!

ベビーボンネット
ベビーボンネット

今回はあまった布をつかったので、たまたまリバーシブルになりました!

スポンサーリンク

押さえ縫いの糸は、布と全く同じ色がなければ明るめの色がおススメ

抱っこ紐のよだれカバー
グレーの糸で無駄に目立っていた押さえ縫い…。

私は、押さえ縫いをなるべく目立たせたくない派です。

そして今回、布の色よりも濃い色の糸の方がなじむと思っていたら逆だった、ということに気づきました。

水色にグレーの糸で縫っていましたが、白の方が断然きれいです!

もしも布の色と全く同じ糸がないときは、明るめの糸の方をおすすめいたします♪

細めの糸にすると、よりきれいな仕上がりに!

スポンサーリンク

ベビーボンネットの作り方 まとめ

ベビーボンネットの作り方

以上、ベビーボンネットの作り方をご紹介いたしました。

布を切って、レースとリボンをつけて縫う、という簡単な3ステップでできます!

赤ちゃんの柔らかい頭を守ってくれるものがあると、人ごみの中やお散歩のときに、安心ですよね。

ぜひお出かけの時などにご活用ください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました