夏の折り紙・七夕の貝飾り

子どものための季節の折り紙

難易度:★☆☆☆(だれでもできます)

夏といえば、美しい七夕。

今回は、とても簡単に作れる「七夕飾りの巻貝(貝飾り)」をご紹介します!

写真付きで解説しました。

ぜひ作って飾ってみてくださいね。

スポンサーリンク

貝飾りの意味

貝飾りには、「海の恵みを沢山受けられますように。」という意味が込められています。

昔の人が思いを込めて作った姿が想像できます。

スポンサーリンク

貝飾り 用意する物

●折り紙 

●セロテープ または のり

●ハサミ

和紙で作ると、より風情が出ると思います♪

スポンサーリンク

貝飾りの作り方

1.折り紙を半分に折ります

2.ハサミで、折り紙に0.5cmくらいの幅で切り込みを入れます

最初は鉛筆で印をつけると楽です

3.そっと広げます

4.対角線上に、のり又はセロテープで止めます

5.おもてに返したら完成!

貝飾り 折り紙
スポンサーリンク

簡単な折り紙・七夕の貝飾り(貝繋ぎ) まとめ

上記でご紹介した巻貝は、簡単ですがとてもきれいです。

あっという間にできるのに、見た人に

「わー、すごいね!」

と言ってもらえる仕上がりです。

そのまま飾るのはもちろん、貝の端と端をつなげて長くする「貝繋ぎ」という飾り方もあります。

ぜひお試しくださいね♪

補足情報 七夕とは?

本来正しくは、七夕は「しちせき」と読みます。

そして「たなばた」は「棚機」と読むのが正しいです。

語源は諸説あり。とくに有名な説のひとつが、伝承「棚機津女(たなばたつめ)の伝説」

日本のみならず、中国大陸・韓国・台湾・ベトナム等でも、夏の季節行事として行われています。

別名「星祭り(ほしまつり)」とも呼ばれます。

日本では、短冊に思い思いの願い事を書き、竹の葉に吊るすことでおなじみです。

この短冊などの飾りを笹に飾る風習は、日本独自の風習らしいです。

江戸時代では、夏越の大祓にくぐって厄を落とすといわれる「茅の輪」の両脇の笹竹に、飾りました。

補足情報 仙台七夕(せんだいたなばた)とは?

東北三大祭りのひとつです。

旧仙台藩内のいたるところで行われる、「仙台七夕祭り」。
地元の仙台では、親しみをこめて「たなばたさん」と呼ぶこともあります。

仙台七夕まつりは、毎年7月7日の旧暦である8月7日あたりに行われる行事です。

8月6~8日の3日間にわたって催される、大イベント。

巨大な吹き流しなどの飾り付けが吊るされるのは、一番町、中央通りのアーケード街、とくに中心部の仙台駅周辺などです。

もちろん中心部以外にも、商店街の人たちなどが、お店のカラーを押し出した吹き流しを作って、お店の前に飾り付けます。
毎年、豪華絢爛な吹き流しの美しさを競う様は、とても圧巻です。

その他、神社や家庭、スーパーなどでも飾り付けられます。

市内各地至るところに、いろいろな七夕飾りが取り付けられて、街が七夕一色になります。

ぜひ世の中の情勢が落ち着いて、七夕を再開できた時には、多くの方々が観光に来てくださることを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました